2004 Nov.4th  オフィス・マリカ Muenchen Olympic Channel 4
Office Marika tel:03-3225-3110
オフィス・マリカのコメント:
いろいろな国の人が30名、一緒に時間と場所を共有して、あるひとつの目的に
向かって心をひとつにする。
これが、私たちが自分たちを「新宿国連」Shinjuku United Nationと呼ぶ所以です。
今回の撮影の出演者出身国:ドイツ、ロシア、ウクライナ、フランス、ルーマニア、
スペイン、イラク、南アフリカ、ガーナ、アメリカ
出演者自身が皆、口を揃えて、「楽しかった」、「また新宿国連で仕事をしたい」と
言ってくださるのが、何よりの喜び。
新宿国連がなぜうまく機能するかというと、1)事務局長が日本人、名誉職の
亡命貴族元夫人で雑役全般担当を兼任、2)お水をいれない、
3)高学歴者学者を優先的に採用、4)ヒッピー、カーボーイを避ける、
5)イスラム教徒を数名入れる、6)夫婦を一緒に参加させる、7)喫煙を禁じる、
8)ヴィザの提出を義務づける、9)東京に活動拠点があることが原則、
10)共通語の英語ができる人だけ、
11)メール・アドレス必須(ドコモ携帯だけの人不可)、
12)遠い人は必要に応じて新宿区内のタレント寮に泊める
など、他の事務所がやっていないことをしているかもしれません。
実際の国連も、新宿国連のように、うまく機能して欲しいものです。
やはり、日本とドイツが、ロシアやフランスなどのヨーロッパの協力のもとで活動を行って
いる時だけ、うまく機能するのではないかと感じる今日この頃。
ブッシュがこのサイトを読んでいるわけないけれど、私たちの爪の垢を分けてあげたい。

平成16年11月9日
「新宿国連」 名誉事務局長:マリカ・ワタロヴナ・コレスニコヴォヴォア元男爵夫人 
Date: Mon, 8 Nov 2004 00:45:37 +0900

マリカさん

じっくりと見させて頂きました。
皆さん、楽しそうで幸福そう、素敵な人達ですね。
天候にも恵まれ本当に良かったです。
こんな風に、どこの国の人達も仲良く笑顔で一緒に
過ごせたら素晴らしいのにね。
なんとも、見るものを温かくさせてくれるお写真でした。
どうもありがとうございます。

世田谷区在住  XXXXXX